魚沼産コシヒカリを使った 手焼きせんべいお米農家も太鼓判!

Point ここがポイントです!
1.減農薬で栽培した最高級・魚沼産コシヒカリを使用しています。
2.醤油は「木桶仕込み・天然醸造」。長期熟成させた本物の味です。
3.化学調味料も無添加。一枚一枚、手で焼いた昔ながらのお煎餅です。

実はありそうでなかった前代未聞の手焼き煎餅です

加工米ではなく、ごはん用のお米を使用

 直径なんと12センチ。ちょっと目を引く大きさのこのお煎餅は、今までありそうでなかったちょっと珍しいお煎餅なんです。いえいえ、大きさのことではありません。実はこのお煎餅、原材料のクオリティにこだわり抜いた前代未聞のお煎餅。素朴な顔をしていますが、原材料の大部分を占めるお米は、「日本一の美味しさ」といわれる魚沼産コシヒカリを使用しています。
 それだけではありません。さらに、ほとんどの米菓は、通常、「くず米」と呼ばれる加工用のお米が使われているのですが、このお煎餅は、くず米ではなく、ごはん用として出荷される最高級の魚沼産コシヒカリを100%使用。贅沢なまでにお米のクオリティにこだわったお煎餅なのです。
 作っているのは、新潟県南魚沼市に拠点を置く雑誌社「自遊人」の食品セレクトショップ「膳」です。新潟県南魚沼市といえば日本一の米どころであり、最高級ブランド米・南魚沼産コシヒカリのふるさとです。自遊人はかねてからこの場所に自社農場を持ち、雑誌を作るかたわら、安全で品質が高く、本当に美味しいお米の栽培法を追求してきました。
 このお煎餅は、お米の味にとことんこだわる自遊人が「本当に美味しいお煎餅が食べたい」という想いで作った自信作。そのまま食べても美味しいごはんで作っていますから、加工米を使用したお煎餅との味の差は歴然としたものに。その味は「しっかりとお米の味がする」と、地元の農家の方々からも評判です。

最高級のお米と天然醸造の調味料を使い、一枚一枚丁寧に焼き上げた昔ながらのお煎餅。東京有楽町・交通会館にある米屋自遊人でも販売している。

砂糖不使用。調味料も一級品

 さらに驚いたのは、その調味料へのこだわりようです。このお煎餅は、全部で6種の味がありますが、その6種に使用している調味料も選び抜かれた一級品ばかり。なかでも、味つけのベースとなるしょう油は、昔ながらの木桶で仕込んだ天然醸造のしょう油を使用。名だたる料亭がこぞって使用する一級品です。もちろん、そのようなしょう油ですから、アミノ酸などの化学調味料やアルコールなどの添加物は、一切使用していません。無添加・天然醸造のすっきりとした優しい味わいが特徴です。
 なぜお煎餅の調味料にそこまでこだわるのか。その理由は、お米の美味しさにあります。原材料のお米が美味しくなると、しょう油や味噌などの調味料も、お米の美味しさに見合うものがほしくなるもの。繊細なお米の甘みや旨みを引き立ててくれる調味料が、必要になってきます。ですが、いまの時代、そのような調味料を探すのは、実はなかなか大変こと。市販の調味料の多くには、おもにアミノ酸などの化学調味料や、ブドウ糖やカラメル色素などの添加物が入っています。
 アミノ酸などは、食べた瞬間に旨みを感じるほど、インパクトのある化学調味料です。残念なことですが、いまでは化学調味料で味付けしたお煎餅のほうが「ちゃんと味がする」といって売れ行きがいいほど。ですが、それほど強い印象のある調味料なので、原材料がちがっても、どれも画一的な味わいになり、お米の繊細な甘みや旨みはかき消されてしまうのです。
 「だったら、自分たちで美味しいお煎餅を作ってしまおう」という想いから誕生したのが、この手焼き煎餅。お米はごはん用の魚沼産コシヒカリを使用。調味料も無添加の一級品です。その分、材料費は跳ね上がりますが、美味しさに間違いはありません。食べた瞬間にわかる直球の旨みはありませんが、噛むほどにお米の甘みや旨みがじわりと広がります。少し控えめ、でも深みと広がりの両方を持つ、優しい美味しさです。

手焼きで1枚1枚しっかり焼き上げる

 厳選されたお米と調味料で作ったお煎餅ですから、焼き方にもこだわっています。この商品は、昔ながらの手焼きで、一枚一枚焼き加減を見ながら、しっかりと焼き上げたお煎餅。パリッと歯切れよく、炭火焼に近い昔ながらのお煎餅の味がします。大きくて食べ応えも十分なのですが、香ばしく、調味料の味がしつこくないので、ペロリと完食してしまいました。
 お値段は1枚160円から。東京の手焼き煎餅の価格からみると、かなりリーズナブルな価格です。しかも、原材料のクオリティの高さを考えると、採算を度外視して作った前代未聞の手焼き煎餅。食べるまではちょっと高く感じるかもしれないけれど、一口食べれば「うーむ、なるほど…」とその味に納得されるはず。まずはカブリと一口、食べてみてください。

おいしさの極意

調味料の一つ一つにこだわる

NEWS

料理研究家の田沼敦子先生も推薦!
贈答に最適です

料理研究家であり、歯学博士である田沼敦子先生のブログで、「イマドキここまでこだわって作っているモノがいったいどのくらいあるかしら…」(2011/7/28のブログより一部引用)とご紹介いただきました。

ココがホンモノです!

味は全部で6種類。どの味も選び抜かれた調味料を使っている。とくにしょう油は料亭御用達の天然醸造・木桶仕込みの一級品。改まり過ぎず、でも上質な手みやげがほしいときに、ちょうどいい逸品。

しょうゆ
今では貴重な木桶で天然醸造した醤油を贅沢に使用。天然醸造ならではの奥行きのある風味とすっきりとした後口が特徴。
ざらめ
昔懐かしいざらめ煎餅。ざらめの甘さが天然醸造の醤油を引き立て、「しょうゆ」以上に醤油の風味を楽しめる。
海苔
スタンダードな「しょうゆ」に国産の海苔を貼った一品。磯の香りがほんのりする、定番人気のお煎餅。
味噌
長期熟成させた天然醸造の味噌を使用。一度食べるとクセになる味。「こういうの、ありだよね!」と手打ちする美味しさ。
こしょう
「しょうゆ」味と、白胡椒・黒胡椒のハーモニーが絶妙。ビールのつまみならコレがイチオシ。
七味
「しょうゆ」に七味唐辛子をまぶしたお煎餅。唐辛子はちょっと多めなので、辛いお煎餅が好きな人におすすめ。
商品名/内容量/価格魚沼産コシヒカリを使った手焼きせんべい
手焼き煎餅2種詰め合わせ(しょうゆ、海苔)各5枚 2,100円
手焼き煎餅4種詰め合わせ(しょうゆ、海苔、味噌、ざらめ)各5枚 4,200円
国産しょうゆ 5枚 735円
国産ざらめ  5枚 840円
国産海苔   5枚 945円
国産味噌   5枚 840円
国産こしょう 5枚1,000円
国産七味   5枚 945円
原料原産地うるち米=新潟県魚沼産 醤油=国産 鰹節=国産 昆布=国産 ざらめ=国産 
海苔=国産 味噌=国産 こしょう=マレーシア産 七味唐辛子=国産
無添加 化学調味料不使用 砂糖不使用 遺伝子組み換え作物不使用
7大アレルゲン小麦 (醤油に含まれる)
賞味期間常温で約6カ月間
販売期間通年
放射性物質の検査について政府の暫定基準値以内の原材料を使い、政府の出荷禁止品目は使用しません。
放射能性物質検査についてのポリシー

ココで買えます

オンラインショップ自遊人オーガニック・エクスプレス
主な販売店米屋自遊人 有楽町店
東京都千代田区有楽町2丁目10-1 東京交通会館1階
越後湯沢駅構内がんぎ通り
新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢主水 越後湯沢駅構内
車屋商店
新潟県南魚沼市長森627-8
お電話で0120-477-737(平日8:30〜17:00)
ファックスで025-794-4440(24時間受付)

ココが自慢です

原材料にとことんこだわった自慢のお煎餅です。お米は加工米ではなく、ごはんとして食べる魚沼産コシヒカリを使い、調味料も無添加・天然醸造のものにこだわりました。その味は「お米の味がしっかりとする」と農家にも大好評。一枚一枚炭火で焼いた、今どき珍しい本物のお煎餅です。ぜひ食べてみてください。
膳 社長 藤本葉子さん

審査員の実食おいしさ判定

「日本一美味しい」お米を取り揃える自遊人の食品セレクトショップ膳が、「日本一美味しいお煎餅」を目指してつくりました。その美味しさに、魚沼のお米農家も太鼓判!
ということで、おいしさ判定は三つ星です。
雪国A級グルメプロデューサー 岩佐十良

認定のポイント

◎原料米は、もち米の最高級品種・新潟県産こがねもちを100%使用しています。
◎独自の焼き釜で、限りなく炭火焼きに近い美味しさを実現しました。
◎化学調味料、保存料、着色料不使用。無添加のあられです。

認定条件
審査
備考
基本条件
特筆すべきおいしさがある。
原材料の安全性に配慮し、放射性物質や農薬などの危険性が少ない産地や
栽培方法で育ったものを選んでいる。
すべての原材料の産地と、栽培方法に関する情報を公開できる。
原材料に遺伝子組み替え食品を使用していない。
日本の将来を担うと思われる専業農家や農業生産法人、
エコファーマーの生産するものを積極的に使用している
添加物や化学調味料を基本的に使用していない。
ただし、栄養強化剤と同じ成分の添加物は特例とする。
加点ポイント <米加工品の部>
原材料は、基本的に国産のものを使用している。
減農薬栽培や有機JAS栽培など、安全性に配慮して栽培された原材料を
使用している。
等級品のもち米またはうるち米を使用している。
「無添加」と表示できる。
原材料にもキャリーオーバーとなる添加物を使用していない。
但し、栄養強化剤と同じ成分の添加物や製造上必須の加工剤は特例とする。
素材や製造法に独自性がある。
(もち米の最高級品種であるこがねもちを自家栽培している)
加工において、雪国伝統の素材や調理法、調味料などを取り入れている。
(魚沼産コシヒカリを使用している)
DATA
株式会社膳
〒949-6682 新潟県南魚沼市大月1012-1
販売
オンラインショップ 自遊人オーガニック・エクスプレス
お電話で:お電話での受付はしておりません。
ファックスで:ファックスでの受付はしておりません。

ご注文は、オンラインショップからお願いいたします。
お電話やファックスでの受付は行っておりません。
アクセス関越自動車道六日町ICより国道17号〜国道291号経由で約10分
大月ほたるの里に隣接
創業平成7年(1995年)
代表者藤本 葉子
営業時間9:00〜18:00
定休日土曜、日曜、祝日
主な販売店米屋自遊人 有楽町店
東京都千代田区有楽町2丁目10-1 東京交通会館1階
越後湯沢駅構内がんぎ通り
新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢主水 越後湯沢駅構内
車屋商店
新潟県南魚沼市長森627-8
放射能性物質検査についてのポリシー

放射性物質検査についてのポリシー

原材料について

当社では、政府の暫定基準値以下(1kgあたり500ベクレル)であっても、放射性物質が検出された原材料は使用しません。

放射性物質の測定について

お米などの生鮮食品は、生産者ごとに、当社の所有する「シンチレーション検出器」でストロンチウム90、ヨウ素131、セシウム137、プルトニウム239、ウラン238の検査を行います。微量でも放射性物質が検出された場合は、再度外部機関でゲルマニウム半導体検出器を用いた『ガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法』により再検査を行います。
なお当社では「シンチレーション検出器」による検査のほかに、生産地の放射線量を、誤差修正のため3台の線量計で測定し、独自のデータ蓄積を行っております。

当社では、生鮮品はもちろん、加工品まで含めて原材料は国産品にこだわってまいりました。しかし今後は「いかに安全な食料を確保していくのか」のほうが重要です。国産原料の扱い量が減少することは残念ではありますが、当社では「食の安全性」を第一に考え、今後は海外からの有機認証原料等も使用していくことに変更いたします。

この記事は転載可能です。
利用規約はこちら>>

魚沼産コシヒカリを使った 手焼きせんべい加工食品部門
住所:〒949-6682 新潟県南魚沼市大月1012-1MAP
URL:http://www.organic-exp.com
販売:
オンラインショップ 自遊人オーガニック・エクスプレス
お電話で:お電話での受付はしておりません。
ファックスで:ファックスでの受付はしておりません。

ご注文は、オンラインショップからお願いいたします。
お電話やファックスでの受付は行っておりません。

雪国A級グルメ認定食品 新潟県南魚沼市 株式会社膳
teyakisennbei_p