かねさま蕎麦 手打ちそば在来種の蕎麦

Point ここがポイントです!
1.秋山郷に伝わる在来種の蕎麦を味わえます。
2.つなぎにオヤマボクチと布海苔を使用。オヤマボクチは自家栽培です。
3.土づくりから栽培・製粉・手打ちまで、すべて自力でやっています。

蕎麦の栽培からすべて行う、こだわりの手打ちそば

栽培から手打ちまですべて行う珍しいそば屋

かねさま蕎麦の魅力は、なんといっても秋山郷在来種の蕎麦であること。そして、蕎麦の栽培から製粉、手打ちまで、すべて自力で行っているところにあると思います。蕎麦の栽培からお客様の口に入るまで、すべて自分たちでまかなっているそば屋は、なかなかありません。

おそばをつくっているのは、新潟県津南町にある「かねさま蕎麦会」。約30人のそば打ち名人たちによって構成されるNPO法人です。津南町は、新 潟県と長野県との県境にある町で、蕎麦のふるさと秋山郷まではすぐ近く。かねさま蕎麦会は、その津南町で秋山郷在来種の蕎麦を栽培しながら、そば屋を経営 しています。
といっても、会員の中にはほかの職業を持っている人もいるので、そば打ちは持ち回りで担当。お店は月曜、火曜を定休日にして、その2日間で蕎麦畑の世話を行っています。

そもそもなぜ自分たちで蕎麦屋を始めたのか。その理由は3つあります。一つ目は、言うまでもなく「そば打ち名人」と言われるほどそばが好きだった から。二つ目は食品の偽造・改ざんが社会問題化するなか、自信をもって提供できるのは自らの手でうそ偽りなくつくったものであるとの想いから。三つ目はふ るさとに年々増えていく耕作放棄地を前に、自分たちで何かできることをしようと思ったからだそうです。

実は、津南町は日本一ともいわれる豪雪地帯。雪国の中でもとくに雪深い地域で、冬ともなれば4、5メートルの積雪になることも珍しくありません。 そのような地域ですから過疎化が進み、農家の高齢化に伴って、耕作放棄地も年々増える一方でした。そこで、地域のそば打ち名人たちが集まり、「耕作放棄地 に蕎麦を植えて、安全で美味しい蕎麦をつくろう」とかねさま蕎麦会が結成されたのだそうです。

まずは津南町の小松原地区の耕作放棄地を借り受け、ブルドーザーなどの重機を借りて、荒れていた土地を自力で整備。一言に整備といっても、木を切って根を掘り起こしたり、草を刈り払ったりと、畑になるまでには大変な苦労があったそうです。

そうしてできあがった畑に秋山郷在来種の蕎麦を植えて、栽培から収穫まで自分たちで行っています。もちろん、安全・安心を追求していますから、農 薬や化学肥料は使いません。収穫した玄そばは天日干しで乾燥させ、石臼で製粉して手打ちにします。もちろん店のきりもりまで、すべて自分たちで行います。 まさしく「From seed to eat」を地でいくおそば屋さんです。

つなぎのオヤマボクチと布海苔。薄茶色のスポンジ状のものがつなぎのオヤマボクチ(雄山火口)。オヤマボクチは、葉の裏側のじょう毛というふわふわの繊維だけを取りだして使う。奥の赤紫のものが布海苔。直営店はJR飯山線津南駅の中にある。

まず塩で食べてみてください

つなぎには布海苔とオヤマボクチを使用しています。布海苔は、この地方ではよくつなぎに使われる素材で、そばに滑らかな喉ごしが出るのが特徴で す。オヤマボクチは津南町周辺の山にたくさん生えている山ゴボウの一種で、これを加えるとそばに強いコシと歯ごたえが出ます。けれど一枚の葉からとれる量 は、ほんのわずか。そのため、かねさま蕎麦会では、供給を安定させるためにオヤマボクチも自家栽培しています。

そうしてつくられた手打ちそばは、香りと喉ごしの良さが魅力。滑らかで快い喉ごしとともに、秋山郷在来種のすがすがしい香りが鼻に抜けていきま す。そばつゆもいけますが、もし家に藻塩があれば、まず塩で食べてみてください。そばの香りと甘みがぐっと引き立ち、そば本来の味がよくわかります。

そばつゆのだしは焙煎した焼津産のそうだかつおとさば、そして煮干しから引いています。つゆは濃すぎず、すっきりと澄んだ味わい。そこにすだちとわさびを添えていただくと、そばのさわやかな香りがいっそう引き立ちます。

販売は、手打ちそばのみと、手打ちそばにつゆが付いたセットとあります。そばは注文が入ってからの製粉・手打ちとなるので、余裕を持って注文していただいたほうが安心です。

ちなみに直営店では、毎朝打ったばかりのそばを食べることができます。お店の場所はJR飯山線津南駅構内。売店の奥の扉にかかった白いのれんが目 印です。そばは機械を使わずにすべて手作業で打っているため、一日限定30食。保存料なども使っていないため作り置きできず、打てる量にも限りがあります が、その分鮮度は抜群です。ぜひお店にも食べに行ってみてください。

おいしさの極意

秋山郷在来種100%のそば粉

NEWS

平成22年度 日本蕎麦協会長賞を受賞しました!

「平成22年度全国そば優良生産者表彰」にて、かねさま蕎麦会が「日本蕎麦協会長賞」を受賞しました。この賞は、毎年、日本全国からわずか5つの団体と5名の農家に贈られる栄えある賞です。かねさま蕎麦会は、蕎麦づくりに取り組む姿勢と他県との交流が評価されて、受賞となりました。

ココがホンモノです!

かねさま蕎麦は、自分たちで栽培した秋山郷在来種のそば粉を100%使用している。このそば粉は、標高1000メートルの津南町小松原にて丹精込めて育てられたもの。収穫量には限りがあるが、品質が非常に高く、とてもいい味を出す。

商品名/内容量/価格手打ちそば五合(5〜6人前) 3,000円
手打ちそば五合・つゆ付き   3,600円
※7合(7~8人前)、一升(10〜12人前)もございます。
原料原産地<手打ちそば>
そば粉=新潟県津南産
オヤマボクチ=新潟県津南産
布海苔=国産


<つゆ>
醤油=国産・本醸造・添加物あり(キッコーマン醤油濃口)
みりん=国産(盛田蔵出し本みりん)
酒=国産(主に県内外の清酒を使用。ときには料理酒も使用する)

塩=国産(イオン膜交換・立釜方式)
砂糖=国産(さくらんぼ印上白糖)
新潟県産
無添加
化学調味料不使用 遺伝子組換作物不使用
7大アレルゲンそば、小麦(つゆの醤油に含まれる)
賞味期間冷蔵で約3日
販売期間通年
放射性物質の検査について政府の暫定基準値以内の原材料を使い、政府の出荷禁止品目は使用しません。
放射能性物質検査についてのポリシー

ココで買えます

オンラインショップかねさま蕎麦会オンラインショップ
主な販売店 店舗での販売は行っておりません
ご注文はオンラインショップ、
またはお電話、ファックスよりお願いいたします。
お電話で025-761-7774(9:00〜18:00)
ファックスで025-761-7774(24時間受付)

ココが自慢です

本当に安心し、自信を持って提供できるのは、自らの手によって手間暇かけてつくったものです。私たちは、畑の整備から、栽培・製粉・手打ちまですべてを自分たちで行うことで、安全で美味しいそばをお届けしています。津南の風土から生まれた秋山郷在来種の味を、ぜひ味わってみてください。
かねさま蕎麦会 理事長 滝沢元一郎さん

審査員の実食おいしさ判定

かねさま蕎麦は、非常にいいそば粉を使っています。ですが、これほどいいそば粉を使っているならば、もう少し香りと味が出せるのではないかというのが率直な印象です。ということで、今回のおいしさ判定は二つ星! 打ち方を研究して、さらに上を目指してほしいと期待しています。
雪国A級グルメプロデューサー 岩佐十良

認定のポイント

◎秋山郷に伝わる在来種の蕎麦を味わえます。
◎つなぎにオヤマボクチと布海苔を使用。オヤマボクチは自家栽培です。
◎土づくりから栽培・製粉・手打ちまで、すべて自力で行っています。

認定条件
審査
備考
基本条件
特筆すべきおいしさがある。
原材料の安全性に配慮し、放射性物質や農薬などの危険性が少ない産地や栽培方法で育ったものを選んでいる。
すべての原材料の産地と、栽培方法に関する情報を公開できる。
原材料に遺伝子組み替え食品を使用していない。
添加物や化学調味料を基本的に使用していない。ただし、栄養強化剤と同じ成分の添加物は特例とする。
日本の将来を担うと思われる専業農家や農業生産法人、エコファーマーの生産するものを積極的に使用している。
「雪国A級グルメ」認定の一次産品、加工品を積極的に使用していること。
加点ポイント <そば・うどん・そうめんの部>
そば粉を、5割以上使用している。(うどん・そうめんの場合は不問)
材料は、基本的に国産のものを使用している。
減農薬栽培や有機JAS栽培など、安全性に配慮して栽培された原材料を使用している。
つゆは化学調味料不使用。添加物も含まれていない。×
めんにも、つゆにも、「無添加」と表示できる。×(つゆ)
原材料にもキャリーオーバーとなる添加物を使用していない。但し、栄養強化剤と同じ成分の添加物や製造上必須の加工剤は特例とする。
素材や製造法に独自性がある。(自家栽培の秋山郷在来種のそば粉を使用。製粉も昔ながらの石臼で行っている)
加工において、雪国伝統の素材や調理法、調味料などを取り入れている。(つなぎにこの地方伝統のオヤマボクチと布海苔を使用)
DATA
かねさま蕎麦会【新潟県・津南町】
〒949-8201 南魚沼郡津南町下船渡丁3680-1
販売
オンラインショップ かねさま蕎麦会オンラインショップ
お電話で:025-761-7774(9:00〜18:00)
ファックスで:025-761-7774(24時間受付)
ご注文は、オンラインショップ、
またはお電話、ファックスよりお願いいたします。
アクセス 関越自動車道塩沢石打ICから国道352号経由で約40分
JR飯山線津南駅より車で約5分
創業平成20年(2008年)
代表者滝沢 元一郎
営業時間9:00〜18:00
定休日月曜、火曜
主な販売店店舗での販売は行っておりません。
放射能性物質検査についてのポリシー

放射性物質検査についてのポリシー

原材料について

当社では、政府の暫定基準値以内の原材料を使い、政府の出荷禁止品目は使用いたしません。

放射性物質の測定について

新潟県環境衛生中央研究所に検査を委託しています

測定可能な物質と検査機器の種類について

ヨウ素131
セシウム134
セシウム137

この記事は転載可能です。
利用規約はこちら>>

かねさま蕎麦 手打ちそば加工食品部門
雪国A級グルメ認定食品新潟県 津南町 NPO法人かねさま蕎麦会
kanesama_p-1
  • すべて公開します食材の産地
  • AG304の審査スコア