県内素材限定 越後味噌なんという奥ゆかしさ

Point ここがポイントです!
1.原材料にこだわり、大豆、米糀、塩は、すべて新潟産のものを使用。
2.米糀を使い、木桶でゆっくりと熟成。魚沼の気候が育てた味わいです。
3.化学調味料、添加物不使用。無添加・天然醸造の味噌です。

米糀の旨みと香りがふわりと広がる、天然醸造の越後味噌

地味だけれど、味わい深い名脇役

 なんという奥ゆかしさ。それがこのお味噌を一口なめたときの印象です。濃くて辛味の強い信州味噌、大豆のコクが持ち味の八丁味噌、まろやかな甘みが特徴の京都の白味噌などなど、味噌には多かれ少なかれ主張がありますが、このお味噌には強い主張がありません。けれど、喉を通ったあとに米糀の旨みと甘みがふわりと広がります。後に残るのはからだに染み込んでいくような天然の旨み。越後味噌の中でも、かなりやさしい味わいです。

 さてさて、この奥ゆかしいお味噌は、料理に使うといったいどんな味わいになるのだろうと、まずは基本のお味噌汁で味わってみました。昆布とかつおでしっかりとだしを引き、くせのない豆腐を選んで味噌汁にします。すると、思ったよりも旨みが感じられないのです。あれ、しっかりとだしをとったのにおかしい…。

 そこで、毎日このお味噌で味噌汁をつくっているHATAGO井仙「むらのごっつお」の料理長に、このお味噌の特徴について聞いてみました。すると「この味噌には米糀がたくさん含まれているので、普通の越後味噌よりほんの少し甘めです。米糀の旨みがあるので、あまり濃いだしでないほうが美味しくできますよ。だしが濃いと米糀の旨みが抑えられてしまいますから」とのこと。「ちがう味噌と合わせると、抜群の旨みを発揮します」。むらんごっつおでは、同じ地元で造られたほかの越後味噌と合わせて味噌汁をつくり、お客様に出しているそうです。

 さっそく、ちょっと薄めにだしを引き、料理長と同じ味噌を使って合わせてみました。すると、湯気といっしょに米糀の香りが鼻をくすぐる美味しい味噌汁ができあがるではありませんか。すっと染み通るような旨みと甘みがあり、具の味もしっとりとなじんでいます。

 この『県内素材限定 越後味噌』は、ちょっと主張の強い相方を得て、本領を発揮する名脇役のようなお味噌です。控えめでやさしく、でも、主役を引き立てながら、忘れられない演技をする名俳優のような存在感。和食のほとんどのおかずがごはんに合うように、米糀で造った味噌は、さまざまな食材の旨みをさりげなくつないでくれるのでしょうか。ほかの味噌の旨みも、具から出る旨みも、すべてを引き受け、まとめてくれるような包容力があります。

んまやの上にあるレストラン「むらんごっつお」では、毎日この味噌で作ったお味噌汁を出している。50年来の古い木桶でじっくり寝かせることで、この味が育まれていく。

新潟県産素材で仕込んだ正真正銘の越後味噌

 さて、その包容力のある美味しさはどこからくるのでしょうか。その秘密はこだわりの原材料と昔ながらの製法にありました。

 県内素材限定 越後味噌は、「んまや」が老舗の味噌蔵とともに、素材にこだわって造った天然醸造の越後味噌です。使用している原材料は、大豆も米糀も塩もすべて新潟県産。新潟県産のエンレイ丸大豆を、魚沼産コシヒカリから起こした米糀と新潟県山北町の笹川流れの塩で仕込みました。その味噌を、味噌蔵で50年来使われてきた巨大な木桶に入れて、魚沼の気候でじっくりと熟成させます。

 ひとくちに新潟県産といってもエリアは広いのですが、この味噌のすごいところは、新潟県の中でも、最も美味しいといわれる産地で育った原材料を選んでいるところ。味の要となる米糀は、魚沼産コシヒカリの中でもとくに美味しい米が育つと言われる塩沢地区の無農薬栽培米を仕入れ、そのお米から起こしています。

 ところで、販売元の「んまや」は、越後湯沢駅前のお宿「HATAGO井仙」が経営するおみやげ処です。HATAGO井仙の1階にあり、味噌やお米、しょうゆ、お酒、特製スイーツなど、宿で出している美味しいものを販売しています。お味噌のお求めはこちらでどうぞ。贈り物にはもちろん、自分へのおみやげにもおすすめです。お味噌汁をつくるたびに旅の思い出が深まって、とても楽しめます。

おいしさの極意

自然発酵を支える木桶の力

NEWS

味噌蔵の仕込みの様子は
HATAGOリポートでご覧になれます

『県内素材限定 越後味噌』の味噌蔵は湯沢町のお隣、南魚沼市にあります。その蔵の特徴は、なんといっても天然醸造であること。その製法の秘密に、んまやの店長ウメさんが迫ります!

ココがホンモノです!

『県内素材限定 越後味噌』の味噌蔵は、創業以来80年、天然醸造を貫く老舗の味噌蔵だ。天然醸造の味噌は、今では国産味噌全体の1割にも満たない貴重な存在。いい麹菌が棲む80年来の木桶は蔵の宝だ。

天然醸造 木樽仕込み
『県内素材限定 越後味噌』は、味噌蔵で代々使われてきた木桶にて仕込まれる。味噌蔵にとっていい木桶は宝物。木桶にすむ微生物の働きで、美味しい旨みが熟成される。
重しをして熟成させる
んまやでは、昔ながらの製法を大切にしている。仕込みが終わると、木桶に石で重しをして熟成へ。加温することなく自然に任せ、魚沼の気候の中でじっくりと熟成させる。
木桶から出して袋詰めへ
熟成の終わった味噌は、頃合いを見て木桶から出し、袋詰めへ。さてさて、今年はどんな出来なのか。そわそわと心躍る瞬間。
越後伝統の米糀味噌のできあがり
しゃもじですくうと、米糀の香りがふわりと広がる。今年もほどよい色味と味わいに仕上がった。
「んまや」で販売
袋詰めして、んまやの店頭へ。原材料に使用している笹川流れの塩も販売中。
商品名/内容量/価格県内素材限定 越後味噌 700g 780円
原料原産地大豆=新潟県産
米=新潟県魚沼産コシヒカリ
塩=新潟県産(笹川流れの塩)
新潟県産 無添加 化学調味料不使用 遺伝子組換作物不使用 砂糖不使用
7大アレルゲンなし
賞味期間常温で6カ間
販売期間通年
放射性物質の検査について政府の暫定基準値以内の原材料を使い、政府の出荷禁止品目は使用しません。
放射能性物質検査についてのポリシー

ココで買えます

オンラインショップんまやネットショップ
主な販売店越後湯澤 HATAGO井仙んまや
新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2455
お電話で025-784-3361(10:00〜18:00)
ファックスで025-784-2013(24時間受付)

ココが自慢です

新潟の地のものを、その地の作り手といっしょにつくりあげた自慢の味噌です。んまやでは、自然が醸し出す昔ながらの味を大切にしています。といっても、今は、昔ながらの味がわからなくなっている時代。そのような時代に、天然醸造の味を実感してもらいたくてつくりました。米糀は生きているので、夏場や暖かいところでは膨張します。涼しいところで保管してください。
んまや店長 梅澤 美香さん

審査員の実食おいしさ判定

大豆も米糀も塩も、すべて新潟県産のものにこだわった正真正銘の越後味噌です。米糀の香りはしますが、個人的にはまだちょっと若い味噌かな…と思います。せっかくの木桶仕込み天然醸造なのですから、もう少し熟成させてはどうでしょう。ということで、おいしさ判定は一つ星です。
雪国A級グルメプロデューサー 岩佐十良

認定のポイント

◎原材料にこだわり、大豆、米糀、塩にいたるまで、すべて新潟産のものを使用しています。
◎米糀を使い、木桶でゆっくりと熟成。魚沼の気候が育てた味わいです。
◎化学調味料、添加物不使用。 無添加・天然醸造の味噌です。

認定条件
審査
備考
基本条件
特筆すべきおいしさがある。
原材料の安全性に配慮し、放射性物質や農薬などの危険性が少ない産地や
栽培方法で育ったものを選んでいる。
すべての原材料の産地と、栽培方法に関する情報を公開できる。
原材料に遺伝子組み替え食品を使用していない。
日本の将来を担うと思われる専業農家や農業生産法人、
エコファーマーの生産するものを積極的に使用している
添加物や化学調味料を基本的に使用していない。
ただし、栄養強化剤と同じ成分の添加物は特例とする。
加点ポイント <味噌・醤油・大豆加工品>
原材料は、基本的に国産のものを使用している。
減農薬栽培や有機JAS栽培など、安全性に配慮して栽培された原材料を
使用している。
等級品の大豆を使用している。
「無添加」と表示できる。
原材料にもキャリーオーバーとなる添加物を使用していない。
但し、栄養強化剤と同じ成分の添加物や製造上必須の加工剤は特例とする。
素材や製造法に、独自性がある。(天然醸造・木桶仕込み)
加工において、雪国伝統の素材や調理法、調味料などを取り入れている。
(米糀で自然発酵させた伝統の越後味噌)
DATA
株式会社いせん
〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2455
販売
オンラインショップ んまやネットショップ
お電話で:025-784-3361(10:00〜18:00)
ファックスで:025-784-2013(24時間受付)

ご注文はオンラインショップ、またはお電話、ファックスをご利用ください。
アクセス関越自動車道湯沢ICより国道17号経由で約2分  
JR越後湯沢駅、西口ロータリーすぐ前
創業平成17年(2005年)
代表者井口 智裕
営業時間10:00〜18:00(んまや)
定休日不定休
主な販売店越後湯澤 HATAGO井仙んまや
新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2455
放射能性物質検査についてのポリシー

放射性物質検査についてのポリシー

原材料について

政府の暫定基準値以内の原材料を使い、政府の出荷禁止品目は使用しません。

放射性物質の測定について

自社では検査していませんが、原材料の安全性については、納品業者や生産者に検査をお願いしています。
また、自治体のホームページや新聞などを調べ、メディアでの発表も参考にしております。

地産地の商品や地野菜など、県産へのこだわりや生産者とのつながりを大切にし、検査確認をしております。

この記事は転載可能です。
利用規約はこちら>>

県内素材限定 越後味噌加工食品部門
住所:〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2455MAP
URL:http://hatago-isen.jp/
販売:
オンラインショップ んまやネットショップ
お電話で:025-784-3361(10:00〜18:00)
ファックスで:025-784-2013(24時間受付)

ご注文はオンラインショップ、またはお電話、ファックスをご利用ください。

雪国A級グルメ認定食品 新潟県 湯沢町  越後湯澤 HATAGO井仙んまや
echigomiso_p